プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

リンク

カテゴリ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Mizutaniの雑記帳

日々の出来事や感じたことを綴っていきます。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

桂雀々独演会

2011.02.27/Sun/21:57:57

昨日、文化パルク城陽へ
「桂雀々独演会 ~地獄めぐり~」
に行ってきました。

落語は今年に入って2回目。
先月は桂三枝の寄席に行きました。

最近は映画やライブに行くよりも
落語に行く機会が多くなったように思います。

桂雀々が二席。
お弟子さん2人が一席ずつの計四席。

3時間の公演でした。

演目の一つに
『地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)がありました。

桂雀々の師匠、桂米朝が十八番にしていて
一時間以上にも及ぶ大作。

一度聞いてみたかった話しでした。

死後の世界、三途の川下りや、地獄行きか極楽行きの閻魔様の裁定など
地獄の風景を描いたお話し。

死後の世界がこうだったら楽しいだろうな~
と思えるくらい、面白可笑しく描写されていました。

でも、死はやっぱり怖いですけどね。

それにしてもこの話し、長いというのはは知っていたけど
ホントに長かった~。

あとで雀々さんが言ってたんですが
95分も話していたらしいです。

今まで聞いた、立川志の輔、桂文珍、桂三枝の落語は
穏やかな口調での話しでした。

言わば“柔”の落語とでも言うべきでしょうか。

それに対して、桂雀々は“剛”の落語かな。
早口でまくし立てるような口調と仕草は
笑いも大きいけど、見ていていささか疲れた感も否めません。

でも、面白かったんですけどね!

さあ、次は、5月にある
立川志の輔の寄席に行くぞー!
スポンサーサイト
カテゴリ: 今日の出来事
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://tk4m.blog44.fc2.com/tb.php/540-e60f36b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。