プロフィール

FC2カウンター

カレンダー

リンク

カテゴリ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Mizutaniの雑記帳

日々の出来事や感じたことを綴っていきます。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

アメリカって…

2011.05.07/Sat/16:41:42

タリバンが徹底抗戦表明=ビンラディン容疑者殺害「起爆剤に」―アフガン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000018-jij-int

2001年のアメリカで起きた同時多発テロ。
首謀者のウサマ・ビンラディンが
アメリカ軍の手によって殺害されたニュースは
日本でも大きく取り上げられました。

約3000人の命を奪い
遺族や関係者、アメリカ国民の憎しみは
計り知れないものがあったと思います。

それだけのことをしてきたのだから
殺害されて当然との想いも生まれ、
アメリカ国民も歓喜に湧いたのでしょう。

でも、その後の報道では
拘束したうえで殺害されたとの、
そのときの様子も明るみになってきています。

無抵抗の人間を殺害するのは
正義という名のもとの犯罪ではないでしょうか?

どんなに憎むべき人物でも、殺人は殺人。

これが許されるのなら、
復讐という名のもとでの犯罪も許されることになります。

きれい事なのかな?
生ぬるい考えなのかな?

でも、アメリカは民主国家なんだから
ちゃんと裁判をし、法のもとで裁くべきだったと思います。

武力に対して武力で押さえ込んでも
また新たな憎しみを生み、また新たなテロなどが起こりかねない。

結果として、同じ事の繰り返しであり
悪循環に拍車がかかるだけ。

かと言って、野放しにしていてもいけないのですが
もっと良い解決法がないものなんでしょうか?
スポンサーサイト
カテゴリ: ニュース
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://tk4m.blog44.fc2.com/tb.php/549-b6cf20c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。